« 2014年2月 | トップページ

2014年10月13日 (月)

Express Editionだと例外時の表示が違う

いままでも「あれ?」とは思っていたんですが、今日じっくり見てみてはっきり違いを意識しました。

Visual Studioでプログラムを実行していて例外が発生すると、例外処理アシスタントというものが表示されて例外の種類やメッセージ、参考のリンクなどを表示してくれます。例外処理アシスタントは例外処理ヘルパーとも呼ばれます。

この機能は2005から追加されました。この表示をクリックしてさらに例外の詳細を確認することもできます。

今日気が付いたのはVisual Studio 2010のExpress Editionではこの機能が利用できるのですが、2012と2013のExress Editionでは利用できないということです。代わりに簡単なダイアログが表示されます。

私はVBで確認したので他のExpress Editionでは状況が違う可能性はあります。2010では同じだったものをなぜわざわざ変えたのか疑問です。どこか設定を変えれば例外処理アシスタントを利用できるのでしょうか。ちょっと見た感じではそれらしい設定はありませんでした。

開発環境の設定を「全般」にリセットすればよいのかもしれませんがExpress EditionではGUIからはこの変更ができないし、あまり標準的でない設定にするのも嫌です。ちょっと気に入らないですがこのまま使い続けることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ