« 2010年4月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月24日 (木)

無料でVisual Basicを使ったWebプログラミングをするには

無料でVBというと、Visual Basic Expressがすぐに浮かびます。これを筆頭にあげるのは正しいことと思います。

Visual Basic 2010 Expressを使うと、以下の種類のアプリケーションが作成できます。

  • Windows フォーム アプリケーション(Windows上で動くふつうのアプリ)
  • WPF アプリケーション(Windows上で新しいグラフィックスエンジンを使って動くアプリ)
  • コンソールアプリケーション(黒いコマンドプロンプト上で動くアプリ)
  • クラスライブラリ(単独では動作せず、ほかのアプリから呼び出されるライブラリ)
  • WPF ブラウザー アプリケーション (WPFアプリケーションと同じだが、Webブラウザー上で動作するもの)

しかし、Visual Web Developer 2010 Expressを使うと、さらに以下の種類のアプリケーションをVBでプログラムすることができるのです。しかも無料です。

  • ASP.NET Web アプリケーション (VBでプログラムされたWebサイト)
  • ASP.NET MVC 2 Web アプリケーション (上記と同じようなもの)
  • Silverlight アプリケーション (Webブラウザー上で動作するVBのアプリケーション)
  • WCF サービス アプリケーション
  • Windows Azure Project (クラウド上で動作するVBのWebサイトなどのアプリケーション)

このほかにも作れるものが若干あります。

もし、VBで作るWebアプリケーションに興味がある場合は、Visual Basic 2010 Expressだけでなく、Visual Web Developer 2010 Expressも入手したほうが良いです。

インストール方法

http://rucio.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-bf62.html

ちなみに有償の方のVisual Basicを買うとさらにいくつかの種類のアプリケーションを作成できますが、私はほとんど作らないようなレアな種類です。

Office アプリケーションやワークフローなどが作成できます。(活用している人はいるとは思いますが、私は縁がありません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

SuperPreviewレビュー

昨今は多種多様なWebブラウザーが普及していて、WebアプリケーションやWebサイトのテストを難しいものにしています。

IEだけみても6, 7, 8, 9と4つのバージョンがテスト候補であり、さらにFirefoxや、場合によってはSfariやChromeでのテストが必要です。

こんなときありがたいソフトがマイクロソフトのSuperPreviewですがみなさんはご存知でしょうか?SuperPreviewを使うと選択した2つのブラウザを並べて違いを発見することができます。ただ並べるだけではなく、違いを検査するための機能が充実していますし、シンプルでさくさく動いていくれるのがうれしいです。あ、でもURLやファイル名を指定して最初に表示されるまではちょっと待たされます。

Expression Webをインストールすると使用可能になります。Expression Webのバージョンまでは把握していませんが、私が使っているExpression Web 4はOKです。

無償版もあり、この無償版とExpression Webに付属している版の違いはわかりません。

http://www.microsoft.com/downloads/en/details.aspx?FamilyID=8e6ac106-525d-45d0-84db-dccff3fae677&displaylang=en

で、従来からときどきはこのSuperPreviewで私のVisual Basic 中学校をチェックしていましたが、現在、このSuperPreviewにまだベータ版という扱いですがオンラインというものが加わっていて、さきほど初めて試してみました。(オンラインサービスといっても、ローカルにSuperPreviewがインストールされていることが前提)

Superpreview

これはSuperPreviewのブラウザー選択画面です。ローカル状態ではIE6, 7, 8とFirefoxが選択できますが、オンラインサービスを利用してリモートブラウザーとしてIE9, Safari, Chromeも選択できるようになりました。嬉しいです。

これらのブラウザーは実際にインストールしなくてもSuperPreviewはちゃんとプレビューを表示してくれます。また、リモートブラウザーを選択しても、動作が重たくなることはなく、あいかわらずさくさく動いてくれます。

ただ、SuperPreviewは見かけの比較ができるだけで入力したり、クリックしたりといった動作の比較はできません。なのでアプリケーションの動作をテストしたい場合はやはり本物のブラウザーインストールしてテストすることになります。

見た目だけ見ればいい場合はSuerPreviewに勝るツールはないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

プログラムのあるフォルダーを開く

掲示板に同じような質問もあったので、画像アップついでにブログにも書いておきます。

Visual StudioでVBやC#をプログラムにしているときに、画面上部のタブを右クリックして、「このアイテムのフォルダーを開く」を選択すると、編集中のファイルがあるフォルダーをエクスプローラーで開くことができます。

Openfolder

昔はこの機能がなくていちいちフォルダー開くのが面倒だったのですが、楽になりました。

ちなみにExpress以外のエディションの場合で、ソリューションにフォルダーを追加している場合は、ソリューションエクスプローラーでそのフォルダーを右クリックして、「エクスプローラーでフォルダーを開く」でそのフォルダーを開くこともできます。

この機能はExpressにはなく小さな差別になっています。

もうひとつ余談。最近は「フォルダ」と書かずに「フォルダー」と書くというのはご存知ですか?もちろん個人の自由ではありますが、実際の発音に即した表記法をすべきであるということらしいです。これは確か国語審議会の見解で、マイクロソフトはこれに従っています。最近のWindowsやマイクロソフト製のソフトではそのように表記されています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

いじわるしてる?なんというわかりにくさ。

Visual Basic 2010 Expressを使用すれば無料でVBのプログラミングができることはみなさんご存知かと思います。

これのWeb版のVisual Web Developer 2010 Express(以下VWD)というやはり無料のソフトがあり、これを使うと、VBやC#でWebアプリの作成ができるようになります。具体的にはASP.NET, Silverlight, Windows Azureのプログラムができます。

ところが、このインストールがあまりにもわかりにくく、インストールしてほしくないのかと思うほどだったのでブログに載せることにしました。

まず、ダウンロードページはVB Expressと共通のページです。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/

ここからリンクをクリックすればVB同様簡単にインストールできるかと思いきや、なぜかMicrosoft Web Platform Installer 3.0なるもののダウンロードページに飛ばされます。

それでも、これを入れればVWDが入るのかなと思いダウンロードしてインストールしようとするとこのような画面が表示されました。

Capture01

インストール対象(?)の一覧になにやら見慣れないものが4つ表示されていますが、肝心のVWDがないのです…。念のため左の「アプリケーション」、「製品」などをクリックしてみてもこの4つの中からフィルタリングされた結果が出てくるだけでした。

よくわからないけど4つとも入れればVWDが入るのかなと一瞬思いましたが、それにしてもこの4つの名前がそれっぽくないのでしばらく悩みましたがとうとう発見しました。

実は既定では画面上部の「おすすめ」が選択された状態になっていたのです。画面上部の「製品」をクリックするとちゃんとVWDがでてきました。

Capture03

上がクリックできるってなかなか気が付けないですよ…。言葉もちょうど「おすすめ製品アプリケーション」になっていて、若干不自然だけど1つの言葉みたいになってますし…。なお、右上の検索窓から検索もできます。

これでめでたくVWDがインストールできました。ついでにWindows Azure SDK v1.3もインストールできるみたいだったので一緒にインストールしました。

このMicrosoft Web Platform Installer 3.0というインストーラーはマイクロソフトのWeb関連の製品やツールを統合してインストールできるようになっているみたいで、それ自体はいいと思います。なにしろ、Azureプログラミングをやろうと思っただけでもあちこちからツールをダウンロードしてくる必要があるのがこれ1つでよいとなるわけですから(多分)。

でもVWDをインストールしようと思った人にもあまりにも不親切なUIだなと思いました。

実際、VWDをやろうと思ったけどこれがわからなくて断念した人がいるんじゃないでしょうか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2011年4月 »