« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

Visual Studio 2005 SP1

今となっては少し前のことですがVisual Studio 2005のSP1がリリースされており、マイクロソフトのWebサイトからダウンロード可能になっています。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/downloads/sp/vs2005/sp1/

Express EditionのSP1も提供されています。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=7B0B0339-613A-46E6-AB4D-080D4D4A8C4E&displaylang=ja

SP1の詳しい内容が公開されるまで様子を見ていたのですが、未だにSP1の内容が公開されていないようです。どうも最近のマイクロソフトはVistaとOffice2007の出荷で忙しいようで、ここ数年必ず3か月に1度更新されてきたMSDN Libraryですら去年の8月以来更新されていません。

さて、この前とりあえずSP1をインストールしてみたのですが非常に時間がかかりますね。サービスパックだからと言ってあなどってはいけません。インストールする方は十分時間のあるときにインストールしてください。

このことはリリースノートなどにも注意点として書かれています。

何かをインストールするときにリリースノートを読まない方は結構多いようですが、インストールした後で問題点に気がついた場合のリスクを考えるとやはりインストール前に読んでおいたほうがいいですよね。

さて、SP1を入れた後の状態ですが、以前は継承フォームを使っていると「しばしば」Windowsフォームデザイナがエラーになっていたのが、「ときどき」エラーになるくらいに改善されたように感じます。

SP1はバグフィックスが中心のようですが、一部パフォーマンスが改善されているという話もあります。実際のところどうなんでしょう。多少早くなった気もしないでもないですが単になれてきただけかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

国技館は墨田区横網1丁目にあります。

大相撲で有名な国技館は住所で言うと墨田区横網1丁目にあります。
この前はじめてこのことを知ったとき、さすがに大相撲で有名なところだから住所も「横綱」なんだぁと思ってしまいましたが、実はこの住所は「横綱(よこずな)」ではなく、「横網(よこあみ)」なのです。なんと紛らわしいことでしょう。
今日たまたま国技館の側を通ったのですが住所の表示のところには目立つように厳重にふりがながふってありました。やはり間違える人が多いのでしょう。

100_1888

住所表示と国技館を一緒に写真に収めてみました。観光客と思われたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

虫歯になりました

何カ月か前に奥歯が痛くなったのですが、忙しかったこともあり放置していたら痛くなくなりました。
そんなこともすっかり忘れていた最近突然奥歯に痛みが…。
しかも以前の痛みよりだいぶ強い痛みです。

これはやばいと思い歯医者に予約を入れて見てもらったら
大分ひどい虫歯だと診断されました。

歯医者には数年ぶりにいったのですが、最近は歯医者にも大分ITの波が押し寄せているようですね。
私が行ったのはそれほど大きくない町の歯医者なのですが、私の歯のレントゲン写真がディスプレイ上に表示されて、それを見ながら説明を受けました。
医師の操作を見ていると私の患者コードを入力すると私のレントゲン写真が出てくるというシステムのようでした。
OSはWindowsXPで、そのソフトには他にもいろいろな機能があるようでしたが、
アイコンの絵が歯の絵だったので歯科医用のソフトなのでしょう。

歯医者の例の座りたくないリクライニングシート(?)に座りながら思わずそんなことを考えて画面を見ていたのですが、
医師の説明は私の気分を暗くするのに十分でした。
まぁ死ぬような病気ではありませんので、しばらくがまんして通院するしかありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

私はいかにしてWinCleanを除去したか

「WinClean」というキーワードで検索してこのブログにたどり着く人が意外と多いので、ここで私がどうやってWinCleanを除去したか簡単に書いておきます。

多分ちゃんとしたウィルス対策ソフトの会社のWebページなどを検索すればもっと立派な対処法が書いてあるとは思いますが…。
それに念のために断わっておきますが、「私はこうした」という話を書くだけなのでみなさん自己責任で試してください。

まず、WinCleanの本体ですが、システムフォルダにあるWinClean.exeです。システムフォルダとは標準的な構成ではC:\Windows\System32です。
このファイルを右クリックしてプロパティをみると、説明(?)のところに「Microsoft (R) CHII manager」と表示されています。

WinCleanは以下のレジストリに勝手に設定を作っているので、私はまずこれをレジストリから削除しました。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Browser Helper Objects\{73364D99-1240-4dff-B…以下略
この設定がインターネットエクスプローラをおかしくしている秘密です。

レジストリの自動起動の設定に自分自身を書き込むウィルスも多いようですが、WinCleanにはその設定はありませんでした。なお自動起動の設定は次の位置にあります。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

次にシステムフォルダにあるWinClean.exeを削除しました。

最後にシステムフォルダに「WinClean.exe」という名前のフォルダを作っておきました。これで今後の感染が予防されることを期したつもりです。

参考になったでしょうか?
それにしてもどうやって侵入したのか未だにわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

美味礼讃

今回は趣味の話です。
「美味礼讃」(びみらいさん)と言うのは、ブリア・サヴァランが19世紀初頭に書いた本の日本での名前で原題は「味覚の生理学」と言うらしいです。
私はこの「美味礼讃」をとても興味深く読みました。皆さんにもお勧めしたい本の一冊です。夜の徒然な時や、ちょっとした時に読むのに適しています。
この本は食に関するいろいろなことを書きつづった本なのですが、面白いのは岩波文庫ではこの本をフランス文学として分類していることです。
確かに私も食に関する知識よりも文章の深みや、食を通して表現されている哲学の方により多く興味を持ちました。「アメリカ滞在」という章では前編が「…」で埋め尽くされているというユーモア(?)も発揮されています。

内容は単に美食家が好きな料理についてとっておきの知識をひけらかすというものではなく、味覚のメカニズムや美味学の歴史と発展、食欲・のどの渇きなどにもたくさんのページが割かれています。
もちろん食べ物自体に対する言及もたくさんあります。
面白い文章をいくつか抜粋して紹介しましょう。
・新しい御馳走の発見は人類の幸福にとって天体の発見以上のものである。
・(のどの)渇きの感情は激しいものであるから、どこの国の言葉でも渇きという語は、いつも激しい欲望、強い願望の同意語である。
・(美味しそうな御馳走がパーティで出されても)たっぷりない時には会食者の受ける最初の印象は、これにはちょっぴりしかありつけないのではないか、時によっては礼儀のうえで棄権すら余儀なくされるのではないかという懸念である。

みなさんも何かの折に手に取ってみてください。

美味礼讃 上

美味礼讃 下

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

Vistaの検索でストレス蓄積

私のVistaではファイル検索で私のファイルが表示されないという現象が起こっています。
多分仕様なんだと思いますがわけがわかりません。

そもそもはSendToフォルダの場所が知りたくて、「SendTo」で検索してみたのが始まりです。
1ヶ月くらい前にSendToフォルダにメモ帳のショートカットを入れておいたのですが、場所がわからなくなってしまったので検索してみたわけです。

ところがSendToフォルダがヒットしません。2つほど同じ名前のフォルダがヒットしましたがメモ帳のショートカットがないので名前が同じだけの別フォルダのようでした。

しかたなく自力で探して発見しました。VistaではSendToフォルダは以下のパスにあります。
C:\Users\rucio\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo
※「rucio」の部分はログオンユーザーの名前になります。

なぜにこのフォルダが検索にひっかからないのか??

知識のある人向けに書いておくと私はインデックスを作成する対象にCドライブを含めており、除外欄に表示されているのはProgramDataとDefaultだけです。

検索くらい「普通」でいいから、素直に該当するファイルを表示して欲しいなぁ…。

Vistaでは検索機能も強化されていて、Googleのようにキーワードを入力するだけで簡単に該当するファイルの一覧を表示してくれるのですが、ヒットしない原因がわからないようでは安心して使えません。
ヒットしなくても存在する可能性があるということは結局自力で探す必要があるということじゃないですか。
ヘルプをのぞいてみてもこのことに関する記述はほとんどありません。

多分ちゃんと知識のある人に聞けば納得に行く答えが返ってくるのでしょうが、知識のある人に聞かないと検索も使えないなんてよくないですよね。

検索で該当するはずのファイルが表示されない現象。わかる方教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »